2014年06月24日

デモンズソウル日記 DAY 4 〜どこんじょガエル?〜

腐れ谷の匂いが体に染み付いて取れないまま、僕は嵐の祭祀場へ向かった。
僕の記憶だと、ここには戦闘能力の高い骸骨不気味なデーモンがいたはずだ・・・気をつけなければ。


祭祀場に入ると、すぐ見えるところに骸骨が待ち構えている。
近づいて行くと骸骨はおもむろにローリングをしながら僕に近づいてくる!!
そう、こいつが“ローリング骸骨”なのだ・・・。ダークソウルにも似たような敵がいたな。(車輪に挟まった骸骨)

こいつらのローリングにはダメージ判定があり、盾で防ぐ避けるかしなければとても痛い目にあってしまう・・・。
普通の攻撃も、なかにはガード崩し攻撃もあるので見極めが必要だ。
しかもこいつら、ローリング攻撃ローリング回避を使い分けることができるらしく、こちらの攻撃を華麗に避けてくる。(たまに勢い余って崖からダイブする

最初の骸骨たちを潜り抜けると、城門のようなものが見えてくる。
その門の間からはデーモンの姿が見える。こいつを倒せられればショートカットになるのだろうが、今の僕にはその力は無い。
回り道して進むことにした僕は、道のサインに気付く。『この先に武器があるぞ

僕は覚えていた。この先には攻略に役立つとても強力な武器がある。
その名も“欠月のファルシオン
なんかよく分からないけど攻撃力が上がるのでとても役立つ。

欠月のファルシオンを回収した僕は早速装備し、更に奥へと進んで行く。
城壁内部は狭い通路になっていて、そこで待ち構える骸骨たちと戦うのは骨が折れた。(骸骨だけに
道中、死体から何かのを見つけた。

そのまま進んで行くと牢屋のような場所があり、中に誰か閉じ込められている。
先ほど手に入れた鍵で開けることができた。中の人物から礼を言われ、持ち物を分けてもらうことができた。(有料
おそらくこの鍵を持っていた人物は、この牢屋の看守か何かだったのだろう。

牢屋の彼からアイテムを買って消耗品を補充できた。更に奥へと進む。
途中で“打刀”を見つけた。ダークソウルでは愛用品だったが、今回は欠月のファルシオンで行こう。
更に進むと、二刀流の骸骨がアイテムを守っていた。
なんとか二刀流骸骨を倒しそのアイテムを回収すると、それは“審判者の盾”という大盾だった。
重量に不安があったが何とか装備できた。大きい盾を持っていると安心感がある・・・ダークソウルでも大鷲の盾によく助けられた。

崖沿いを進み、金色の骸骨たちを蹴散らし、空とぶエイをやり過ごすとボス部屋の前に着いた。
ここのボスはなんだっけ?と思いながら入ると、画面下に表示されたボス名は“審判者”。

まるでハート様のようにブクブクと太っていて、黄金のような黄色の肌から僕は「ど根性ガエル」とあだ名をつけた。
下に降りて我が欠月のファルシオンで斬りつけるも、ブヨブヨすぎて刃が通らない。
仕方なく僕は少し離れたところで攻撃を回避しながら、弓矢を頭に当てて攻撃することにした。そして倒した。

本来の正攻法は「腹に刺さったナイフを攻撃し、体勢が崩れたところで頭を攻撃する」のだそうだ。
道理で腹から血がドクドクと出ていたわけだ。


嵐の祭祀場も突破し、次はどこへ向かおう。
塔のラトリアか、あるいはボーレタリア城の更に奥か・・・。



posted by SuperKnock at 11:10| Comment(2) | ゲーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも★

順調に進んでるみたいですね(その分死んでるのでしょうが笑)


ファルシオンが普通に拾えるんですね!
ダークソウル2ではファルシオンで全てのボスに挑んだあたしとしては相棒に等しい……!


あたしは今、デモンズとは真逆のポケモンアートアカデミーってゲームで可愛らしいモンスター描いてます(=゚ω゚)ノ(笑)



まぁ、美術2のあたしが描けば、デモンズに出てくるのよりももっと凶悪なモンスターが産み出されますけどね……( ̄▽ ̄)(笑)
Posted by トットテルリ at 2014年06月24日 13:03
>>トットテルリさん

おお、ファルシオンはシリーズ通して優秀武器ってことですね!

アートアカデミーをやれば絵が上達するみたいですし、練習あるのみですよ!w
デモンズのモンスターをポケモン風に描いたりできるようになりますって(`・ω・´)
Posted by SuperKnock@管理人 at 2014年06月24日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。